日本ホーリネス教団 〒710-0038岡山県倉敷市新田1299-12 
電話:086−434−4766 
岡山県倉敷市の正統的なキリスト教会です
倉敷教会の地図はこちらからご確認ください

倉敷ホーリネスチャーチ

Top > MessegeMenu(キリスト教メッセージ要約)
2006年4月30日 説教:岡野 智牧師 教会のページへGO!
10:11 わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる。
 
【聖書】ヨハネによる福音書10章7〜18節
【説教】「良い羊飼い」
10:7 そこで、イエスはまた言われた、「よくよくあなたがたに言っておく。わたしは羊の門である。 10:8 わたしよりも前にきた人は、みな盗人であり、強盗である。羊は彼らに聞き従わなかった。10:9 わたしは門である。わたしをとおってはいる者は救われ、また出入りし、牧草にありつくであろう。10:10 盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。10:11 わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる。10:12 羊飼ではなく、羊が自分のものでもない雇人は、おおかみが来るのを見ると、羊をすてて逃げ去る。そして、おおかみは羊を奪い、また追い散らす。 10:13 彼は雇人であって、羊のことを心にかけていないからである。10:14 わたしはよい羊飼であって、わたしの羊を知り、わたしの羊はまた、わたしを知っている。10:15 それはちょうど、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。そして、わたしは羊のために命を捨てるのである。10:16 わたしにはまた、この囲いにいない他の羊がある。わたしは彼らをも導かねばならない。彼らも、わたしの声に聞き従うであろう。そして、ついに一つの群れ、ひとりの羊飼となるであろう。10:17 父は、わたしが自分の命を捨てるから、わたしを愛して下さるのである。命を捨てるのは、それを再び得るためである。10:18 だれかが、わたしからそれを取り去るのではない。わたしが、自分からそれを捨てるのである。わたしには、それを捨てる力があり、またそれを受ける力もある。これはわたしの父から授かった定めである」。
礼拝式次第
歌の時間 10:10-10:25
礼拝時間 10:30-12:00
   
前奏  
招詞 司会者
頌栄 新聖歌60
主の祈り 新聖歌(p826)
使徒信条 新聖歌(p826)
賛美 新聖歌206
交読 交読文48
開会祈祷  
賛美 さあ賛美しよう
賛美 あなたの愛は
賛美 ほめたたえよ
証し  
聖書 ヨハネ10:7-18
説教 『良い羊飼い』
  岡野 智師
献金 新聖歌196
感謝祈祷  
頌栄 新聖歌63
祝祷  
後奏  
報告  
友好の時 全員との握手タイム
愛餐会(食事) ※毎週実施
メッセージ(要約)
主の御名を賛美します。

 要約に入る前に、昨日行われました「Victory 2006」について一言。これは地元岡山のユースクリスチャンが中心となった賛美大会で、スペシャルゲストとして「KiKi」さんが賛美と証をされ参加者全員感動を頂きました。
午前中は地元教会の賛美バンドによる演奏、そして午後からKiKiさんのコンサート、その後参加者全員での大賛美となりました。幸いな時をご用意してくださった主に感謝です。
Victory 2006 の情報ブログ

 要約に入りますが、「わたし良い羊飼い」とありますが、意味としては「わたし良い羊飼い」のほうがピッタリと思います。この時代、多くのニセ予言者が人々を惑わしていたのです。
また主は「わたしは門である」とも言われています。この門とは進むべき道の事で、この門の中に平安があり、救いがあるのです。そしてこの門を通ったものが天の御国へ招待されるのです。
主は羊飼いとご自身をたとえられましたが、当時の羊飼いは、やとわれが多く、自分に恐怖が迫ると羊を捨て逃げてしまいました。主は当時の羊飼いと自らを対比させられ、どんな事があっても私達まよっている羊を命を捨てても守ると言ってくださっています。
 主の十字架は、捉えられ主のご意志でないようにとられる方もいるようですが、主は自らの意志で十字架にかかられました。父なる神のご意志を受けられ、また旧約の預言が成就したのです。
 主イエスキリストは十字架にかかられ、あなたを救われました。そしてあなたの愛する人も救われました。また、あなたが苦手と思っている人も救われたのです。主は全ての人のため命を捨てられ私達を愛されたのですから、私達も共に自分を愛するように友人、隣人、苦手な人をも受け入れ愛さなくてはなりません。大変難しい事ですが、主はそのようになされたのです。
そのためには、かたくなな自我を捨てなくては無理です。
 主イエスキリストは、こんな私また、あなたのために命を捨てられました。その十字架により私達は愛され守られているのです。この最高の出来事を、まだ知らない人が日本には多くいます。知らない人だらけと言った方が良いでしょうね。その人たちのためにも主は命を捨てられたのです。その事実を伝え続ける事、それが今私達に主が語られる宣教命令なのです。
 今も私達を導き、愛しつづけてくださる主イエスキリストに感謝いたします。

テケテケ
報告と消息
○5/ 7 ファミリー礼拝
○5/13 らみいクラブ 母の日のプレゼントを作ります。 参加費100円でエプロン持参してください。
○5/20 13:30〜 英会話クラス
○5/21 柵原教会合同礼拝
○5/28 郷家師特別礼拝
○体調を崩されている方々のため引き続きお祈りください。

 [Menu]