日本ホーリネス教団 〒710-0038岡山県倉敷市新田1299-12 
電話:086−434−4766 
岡山県倉敷市の正統的なキリスト教会です
倉敷教会の地図はこちらからご確認ください

倉敷ホーリネスチャーチ

Top > MessegeMenu
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
2024年5月26日 説教:古田土直寿(こだとなおひさ)師 要約:大元鉄也兄 教会のページへGO!
23: イエスは彼に言われた、「もしできれば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でもできる」。
 
【聖書】マルコによる福音書9章14〜29節
【説教】「信じますという祈りをささげる」
14: さて、彼らがほかの弟子たちの所にきて見ると、大ぜいの群衆が弟子たちを取り囲み、そして律法学者たちが彼らと論じ合っていた。 15: 群衆はみな、すぐイエスを見つけて、非常に驚き、駆け寄ってきて、あいさつをした。 16:イエスが彼らに、「あなたがたは彼らと何を論じているのか」と尋ねられると、 17: 群衆のひとりが答えた、「先生、口をきけなくする霊につかれているわたしのむすこを、こちらに連れて参りました。 18:霊がこのむすこにとりつきますと、どこででも彼を引き倒し、それから彼はあわを吹き、歯をくいしばり、からだをこわばらせてしまいます。それでお弟子たちに、この霊を追い出してくださるように願いましたが、できませんでした」。 19:イエスは答えて言われた、「ああ、なんという不信仰な時代であろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒におられようか。いつまで、あなたがたに我慢ができようか。その子をわたしの所に連れてきなさい」。 20:そこで人々は、その子をみもとに連れてきた。霊がイエスを見るや否や、その子をひきつけさせたので、子は地に倒れ、あわを吹きながらころげまわった。21: そこで、イエスが父親に「いつごろから、こんなになったのか」と尋ねられると、父親は答えた、「幼い時からです。 22:霊はたびたび、この子を火の中、水の中に投げ入れて、殺そうとしました。しかしできますれば、わたしどもをあわれんでお助けください」。 23: イエスは彼に言われた、「もしできれば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でもできる」。 24: その子の父親はすぐ叫んで言った、「信じます。不信仰なわたしを、お助けください」。 25:イエスは群衆が駆け寄って来るのをごらんになって、けがれた霊をしかって言われた、「言うことも聞くこともさせない霊よ、わたしがおまえに命じる。この子から出て行け。二度と、はいって来るな」。 26:すると霊は叫び声をあげ、激しく引きつけさせて出て行った。その子は死人のようになったので、多くの人は、死んだのだと言った。 27: しかし、イエスが手を取って起されると、その子は立ち上がった。 28:家にはいられたとき、弟子たちはひそかにお尋ねした、「わたしたちは、どうして霊を追い出せなかったのですか」。 29: すると、イエスは言われた、「このたぐいは、祈によらなければ、どうしても追い出すことはできない」。
メッセージ(要約)
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書第9 章14〜29 節
すると、イエスは言われた、「このたぐいは、祈によらなけれ ば、どうしても追い出すことはできない」。(9:29)

 17〜18 節で書かれているように、弟子たちは口がきけなくな っている子を癒すことができませんでした。そこでこの子の父 親はイエスさまに「できますれば」・・・(9:22)とお願いすると、 イエスさまは「信ずる者には、どんな事でもできる」(9:23)と告 げられます。するとこの父親はイエスさまに「信じます。不信仰 なわたしを、お助けください。」(9:24)と改めてイエスさまに息 子の癒しを願い求めました。その結果、イエスさまは父親のこ の答えを、イエスさまへの信仰とみなされて、息子を癒された のでした。自分の内にある不信仰な思いを認め、イエスさまは 必ず癒してくださるという信頼こそが、必要であることに父親は 気づいたのです。この父親の信仰に対し、弟子たちは自分た ちの力に依存していることに気づいていなかったので、「言う ことも聞くこともさせない霊」(9:25)を追い出すことができなか ったのです。

 私たちの信仰生活は、いつもイエスさまに信頼し続け、イエ スさまへの祈りを欠かすことの無いようにいたしましょう。その 中で、私たちに必要な全ての助けをイエスさまが与えてくださ るのです。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
報告と消息
2024年度のみ言葉
高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。(ローマ人への手紙8:39)

[祈りの課題]
・古田土直寿牧師の働きが守られますように。
・新来会者が与えられますように。
・病める方、弱さを覚えている方に主の癒しがありますように。
・2024年度東京聖書学院に献身者20名が与えられますように。

 [Menu]