日本ホーリネス教団 〒710-0038岡山県倉敷市新田1299-12 
電話:086−434−4766 
岡山県倉敷市の正統的なキリスト教会です
倉敷教会の地図はこちらからご確認ください

倉敷ホーリネスチャーチ

Top > MessegeMenu
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
2024年6月30日 説教:古田土直寿(こだとなおひさ)師 要約:大元鉄也兄 教会のページへGO!
15: よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにはいることは決してできない」。
 
【聖書】マルコによる福音書10章1〜16節
【説教】「主イエスの祝福を頂く幸い」
1:それから、イエスはそこを去って、ユダヤの地方とヨルダンの向こう側へ行かれたが、群衆がまた寄り集まったので、いつものように、また教えておられた。 2:そのとき、パリサイ人たちが近づいてきて、イエスを試みようとして質問した、「夫はその妻を出しても差しつかえないでしょうか」。 3: イエスは答えて言われた、「モーセはあなたがたになんと命じたか」。 4: 彼らは言った、「モーセは、離縁状を書いて妻を出すことを許しました」。 5:そこでイエスは言われた、「モーセはあなたがたの心が、かたくななので、あなたがたのためにこの定めを書いたのである。 6:しかし、天地創造の初めから、『神は人を男と女とに造られた。 7: それゆえに、人はその父母を離れ、 8: ふたりの者は一体となるべきである』。彼らはもはや、ふたりではなく一体である。 9:だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。 10: 家にはいってから、弟子たちはまたこのことについて尋ねた。 11: そこで、イエスは言われた、「だれでも、自分の妻を出して他の女をめとる者は、その妻に対して姦淫を行うのである。 12:また妻が、その夫と別れて他の男にとつぐならば、姦淫を行うのである」。 13: イエスにさわっていただくために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。 14: それを見てイエスは憤り、彼らに言われた、「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である。 15: よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにはいることは決してできない」。 16:そして彼らを抱き、手をその上において祝福された。
メッセージ(要約)
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書第10 章1〜16 節
「よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受け いれる者でなければ、そこにはいることは決してできない」 (10:15)

 イエスさまにさわっていただくために、人々は幼な子をイエ スさまのもとにつれて来ました。ところがここで問題が発生しま す。イエスさまの弟子たちは連れて来た人たちのことを叱った のです。おそらく弟子たちは、幼な子が来ることによって、イエ スさまの手を煩わすことのないようにと考えたのでしょう。けれ ども、弟子たちの行動に対しイエスさまは憤られ、15 節のよう にお答えになられたのでした。

 幼な子たちは、イエスさまのもとに連れて来られるのに何の 迷いや疑いも感じていません。このような素直な幼な子たちを 指して、「神の国はこのような者の国」(10:14)だとイエスさまは 教えられたのでした。12 人の弟子たちは、イエスさまのために 良かれと思って行動したのかもしれませんが、本当に大切な ことは何であるのか分かっていなかったのです。

 イエスさまは今も私たちに「だれでも幼な子のように・・・」と語 っておられます。自分の考えや経験によって神さまを推し量る のではなく、素直な気持ちでイエスさまの祝福を受け取り続け ることで、神の国への道が開かれ続けるのです。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
報告と消息
2024年度のみ言葉
高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。(ローマ人への手紙8:39)

[祈りの課題]
・古田土直寿牧師の働きが守られますように。
・新来会者が与えられますように。
・病める方、弱さを覚えている方に主の癒しがありますように。
・2024年度東京聖書学院に献身者20名が与えられますように。

 [Menu]