主日礼拝式順序
前奏   黙祷
招詞   司会者
頌栄 聖歌 384 起立
主の祈り  
信仰告白 使徒信条
賛美 聖歌 485
交読 詩篇 100篇 着席
祈祷    司会者
賛美 讃美歌 312 着席
賛美 讃美歌 517
証し   池島姉
聖書 ヘブル 11章1節〜6節 牧師 
説教 「信仰の定義とその働き」
献金 聖歌 472
感謝祈祷   大元兄
頌栄 聖歌 383 起立
祝祷   牧師
後奏   起立
報告   着席
愛餐会 おいしい食事があります

今週(2月22日)の週報

説教:江副師 司会:岡野師 奏楽:紀子師  倉敷ホーリネスチャーチ

信仰がなくては、神に喜ばれることはできない。なぜなら、神に来る者は、神のいますことと、ご自分を求める者に報いて下さることとを、必ず信じるはずだからである。 ヘブル11章16節

「信仰の定義とその働き」

ヘブル 11章1節〜6節

11:1 さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。 11:2 昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された。 11:3 信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉で造られたのであり、したがって、見えるものは現れているものから出てきたのでないことを、悟るのである。 11:4 信仰によって、アベルはカインよりもまさったいけにえを神にささげ、信仰によって義なる者と認められた。神が、彼の供え物をよしとされたからである。彼は死んだが、信仰によって今もなお語っている。 11:5 信仰によって、エノクは死を見ないように天に移された。神がお移しになったので、彼は見えなくなった。彼が移される前に、神に喜ばれた者と、あかしされていたからである。 11:6 信仰がなくては、神に喜ばれることはできない。なぜなら、神に来る者は、神のいますことと、ご自分を求める者に報いて下さることとを、必ず信じるはずだからである。

インフルエンザが猛威をふるっています。お気をつけ下さい。
本日は広島福音教会の江副師がご用をされました。伝道者になられまして45年、79歳になる方とは思えないしっかりされたメッセージでした。
師が特に言われたことは『信仰』にとって何が一番大切なのか。と言うことでした。自分から神様を信じてあげる。信じるように考えている。と言う事では全くないのです。神様が一方的に私たちを選ばれ、ご計画のもとに生かされています。御言葉に聞き、御言葉に生かされることが最も大切なことなのです。
いつも十字架のあがないを忘れず、ただ主にあった生活を目指しましょう。
PS.
本日は特別伝道礼拝と言うことで、池島姉の『証し』がありました。

T.O


    礼拝奉仕       先週の集会
   今 週 次 週    日 付 人数
司 会 岡野師 梶原兄 教会学校 2月15日 12人
奏 楽 紀子師 紀子師 礼拝 2月15日 11人
献 金 大元兄 梶原姉 午前祈祷会 2月19日  3人
受 付 梶原姉 大元姉 午後祈祷会 2月19日  3人
食 事 大元姉 紀子師      

【報告と消息】

本日は特別集会で広島福音教会の江副師が奉仕されました。
※次週は聖餐式・月例会があります。98年度の計画などを話し合います。
※2月28日午後は『子供おたのしみ会』があります。
尊い御献金に感謝いたします。<広島福音教会・村上久子姉(北条)>
※桃太郎だよりの発送にご協力下さい。